名所・旧跡

寺町大須




清洲越し(きよすごし)

慶長15(1610)年の名古屋城築城開始に伴って、慶長17(1612)年頃から当時の尾張地域の中心であった清洲から名古屋へ都市機能の移転が行われました。
これによって、「名古屋」という街は誕生しました。

「大須」という地名は「大須観音」に由来します。
慶長17(1612)年、清洲越しの一環として、岐阜羽島の大須観音が所有していた貴重な書籍を守るため、水害の多い地域であった岐阜羽島から現在地へ移転しました。
これにより大須観音界隈は「大須」と呼ばれるようになりました。

2012年は「大須」という街が形成されて400年目の節目の年です。



大須観音(おおすかんのん)/Osu Kannon Temple

真言宗智山派の別格本山で、開山は能信上人。
ご本尊は弘法大師作聖観世音菩薩。
寺号は「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」といいますが、大須観音と呼ばれ広く親しまれている。
元亨4年、北野天満宮の別当寺として現在の岐阜県羽島市桑原町大須付近に創建された。
名古屋城築城の際に大須観音も、犬山城主・成瀬正茂によって現在の場所に移転される。
この移転により、名古屋城下・東の寺町として東桜周辺に対して西の寺町として大須周辺が栄えた。
明治25年の大須の大火、第二次世界大戦の空襲によって二度焼失しているが、昭和45年に再建、現在に至る。

大須観音は、国宝の『古事記』の最古写本「真福寺本古事記」をはじめ、貴重な古典籍を多数所蔵している。
「真福寺文庫」(大須文庫)といい、仁和寺、根来寺の文庫と合わせて本朝三文庫とも称される。
そもそも、家康が名古屋への移転を決めた理由にこれら古典籍を水害から守るという目的があったとされている。 毎月18日、28日には境内で骨董市が催され、多くの人々でにぎわっている。
☆縁日の様子はこちらでご覧いただけます。



名古屋市中区大須2丁目21-47
電話:052-231-6525

■大須観音公式ホームページ



万松寺(ばんしょうじ)/Banshoji

天文9年、織田家の菩提寺として開かれた曹洞宗の寺院。
織田信秀が開基、山号は「亀岳林」、ご本尊は十一面観世音菩薩。
もともとは信秀の叔父・大雲永瑞和尚を開山として、名古屋城の南側に建てられた。
当時は現在の中区錦・丸の内2丁目~3丁目付近の広大な土地を領有していた。

名古屋城築城の際、現在の場所へ移転。
尾張徳川家朱印寺として人々の信仰も篤いお寺だったが、幕末ごろから徐々に衰退しはじめた。
当時の住職・大円覚典和尚は、大正元年、領有する付近の山林の大部分(現在の大須3丁目付近)を開放し、このことにより、万松寺は再びにぎわいを取り戻しはじめる。
戦前には、見せ物小屋や菊人形の黄花園(~昭和12年)が多くの人を集めた。
昭和20年3月12日、名古屋大空襲によって焼失するが、戦後の復興期に、稲荷殿・不動殿寺を新築。
本堂は平成になってから再建された。

信長ゆかりの寺で、28日の身代わり不動の縁日には、「身代わり餅」がふるまわれている。

☆縁日の様子はこちらでご覧いただけます。

名古屋市中区大須3-29

■万松寺公式ホームページ



北野神社(きたのじんじゃ)

「大須」の地名は大須観音に由来するが、大須観音はもともと北野神社の一部の神宮寺としてあった。
1324年に後醍醐天皇の勅命で岐阜県の大須に北野天満宮を建立。
清洲越しの際に大須観音とともに現在地に移転した。

祭神は菅原道真。
梅の神紋があちこちに見られるのは、梅と道真との関係が深いことから。
道真は梅を愛したといわれ、「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れぞ」と歌を詠んだところ、京都の梅が大宰府の道真のもとへと飛んでいったという「飛び梅」伝説など、梅にまつわる伝説がある。
境内には臥した牛の像があるが、道真が牛を大切にしたことから天満宮の使いとされ、天神信仰のなかで大切にされている。




陽秀院(ようしゅういん)

別名・大須秋葉殿。
寛永初年から現在地にあり、天保のころから民間信仰が盛んになったといわれる。
紙張地蔵は「おからだに紙をはってお願いするとなにごとも、人間の苦しみをかばって、お聞き下さる地蔵さま」。
二枚10円で販売されている白い紙に柄杓で水をかけて貼り付ける。
自分の身体の悪いところと同じあたりに貼ると利益があるとされている。

■陽秀院 詳細情報へ



春日神社(かすがじんじゃ)

天暦2(947)年、奈良から4柱大神の分霊を勧請して建立。
名古屋市内ではめずらしい奈良県の春日大社を総本社としている神社。

尾張藩二代藩主・徳川光友が出生のとき、光友の母が安産祈願をした神社で、神木の椎の木を祀って病気が治ったとされている。
これにちなみ、椎の木が大切にされていたが、戦災で社殿とともに焼失。
昭和34年、社殿が再建され、現在に至る。



政秀寺(せいしゅうじ)

品行のよくなかった織田信長を諫めるために自害した家臣・平手政秀の菩提を弔うため、小牧山の南に信長が建てた。
1584年、小牧・長久手の合戦で焼失し、翌年、清州へ移転再建。
清洲越しの際、現在地に移転された。
第二次世界大戦の戦火により再び焼失、後に再建。

政秀寺にあった平手政秀の墓は、現在は名古屋市千種区の平和公園墓地に移転されている。



富士浅間神社(ふじせんげんじんじゃ)

明応4(1495)年、後土御門天皇の命により、富士山本宮浅間神社から分霊を勧請し、創建された。
現在の社殿は、初代尾張藩主・徳川義直公の内室・高原院によって建てられた。
もともとは、尾張三名水として名高い柳下水を有する清寿院の鎮守として建てられたが、明治の廃仏棄却により清寿院は廃寺に。
富士浅間神社のみが残っている。

■富士浅間神社 詳細情報へ



総見寺(そうけんじ)

織田信長の次男・信雄が父の菩提を弔うために、伊勢国大島村の安國寺を清州に移転して、総見寺と名を改めた。
清洲越しの際に大須の現在地へ移転した。
信長の墓があり、毎年6月2日には信長の命日の法要が行われている。
寺宝の信長・信雄肖像画、遺品など9点が愛知県の文化財指定を受けている。

「大須」という地名になる以前、門前町、裏門前町と呼ばれた時代があったが、この「門」は総見寺の門のことをさしている。

※常時拝観は行っていない。



大光院(だいこういん)

慶長初年、清洲に建立。
清洲越しの際に大須に移転した。
赤門通は、大光院の朱塗りの山門から命名されている。
享保の火災、戦災で創建当時の山門は失われたが、昭和41年に再建された。

明王殿のご本尊・烏瑟沙摩明王は、世の中一切のけがれや悪を清める力を持つといわれる仏様である。
下半身の病気にご利益があるとされ、特に女性の病気を治すといわれていることから「女の仏様」とも言われている。
大須に遊郭があった当時は、そこに身を置く女性たちから厚い信仰を受けた。

毎月28日の縁日には多くの人々でにぎわっている。
☆縁日の様子はこちらでご覧いただけます。

■大光院 詳細情報へ



阿弥陀寺(あみだじ)

天文年間(1532-1554)創建。
浄土宗知恩院の末寺で、清洲越しの際に大須に移転。

大須界隈の神社仏閣の境内に出ていたさまざまな興業についての記録、小寺玉晃著『見世物雑志』をもとに、江戸時代に落語や講談が盛んに行われたことを記念して、昭和43年12月、話芸愛好家、名芸互助会、落語協会、日本芸術協会(現・落語芸術協会)、上方落語協会によって、『咄塚』が建立された。
毎年12月には名古屋来演物故噺家追悼会、奉納東西落語会が行われている。



三輪神社(みわじんじゃ)

創建は元亀年間(1570年〜1572年)で、奈良県の大神神社(おおみわじんじゃ)から勧請したという神社。
名古屋には数少ない、三輪神社のうちのひとつで、中央の左右に脇鳥居がある「三輪鳥居」または「三ツ鳥居」という珍しい鳥居があり八の字に通れば、ご利益は3倍と言われている鳥居がある。
祭神は大物主大神(大国主大神と一体)で、大国主は「因幡の白うさぎ」の話でも有名。この話に因んで、拝殿前に「幸せのなでうさぎ」の像が置かれており、このうさぎを撫でることで運気が上がるとされる。
また御神木である「縁結びの木」は、樹齢450年と推定される良きご縁のみが頂けるありがたい「くすのき」。
寛文8年(1668年)に京都の蓮華王院(三十三間堂)の長廊に模して尾張藩の矢場がこの神社内に造られたとされ現在の「矢場町」の地名の由来となっている。
このため尾張藩主の崇敬も厚く、供御米五升が奉献されている。明治時代になり、尾張16代藩主徳川義宜を合祀。
このように、尾張徳川家とは関係が深く、武具等の尾張徳川家ゆかりの品が伝わっていた。

毎月8日に大黒講祭が催される。

■三輪神社ホームページ

七寺(ななつでら)

天平7年、尾張国中島郡萱津(現・愛知県海部郡甚目寺町)に行基によって創建された。
正式名は稲園山正覚院長福寺。

天応元年、秋田城主・紀是広が任期を終えて帰国する途中、7歳の愛児が病死したことを知り、悲嘆に暮れる。是広は正覚院に詣で、正覚院智光上人に亡児の蘇生を願い出ると、上人は却死反魂香を焚き、その香煙が亡児の顔を覆うと息を吹き返した。父子は互いに愛慕の情を交し合いますが、生き返ったのは一瞬のことで、愛児は再び息絶えてしまう。一瞬でも再び会えたことに深く感謝した是広は、延暦6年、愛児の追善のために七堂伽藍(7区の仏閣と12の僧坊)を建立した。それ以来、七堂伽藍にちなんで七寺と呼ばれるようになった。

清洲越しの際に現在地に移転。
戦災により、旧国宝の本堂と本尊の阿弥陀如来、七堂伽藍のすべてを焼失。わずかに経蔵一棟を残すのみとなった。
かろうじて難を逃れた観音・勢至の2像と唐枢入一切経は国の重要文化財に指定されている。
境内の大日如来像は、現在も戦火の凄まじさを物語るように、傷を負ったままの状態になっている。

2001年からは、毎年11月の酉の日に大須酉の市が行われている。
市は酉の日の深夜0時から、24時間後の翌日深夜0時まで行われ、参拝客に向けて「福を掻き込み、厄を祓う」といわれる縁起物の熊手を販売する。
古くなった熊手やお守りに感謝する「お焚き上げ」も行われ、福を願う人々で毎年にぎわっている。

■七寺公式ホームページ



名古屋福音伝道教会(なごやふくいんでんどうきょうかい)

東海地区では珍しい商店街(仁王門通)の中にある教会。
日本同盟基督教団に属している。

■名古屋福音伝道教会ホームページ